4月 2021

7/2(金)[オンライン]東南アジア・台湾における医療機器業界及び法規制セミナー

■サブタイトル
動きはじめたアジアの医療機器規制

■本講座のポイント
経済が成長するアジアにおいて、医療水準も改善傾向にあります。
日本の医療機器メーカーにとって、東南アジアは将来が期待できる魅力的な市場です。
一方で、医療機器規制は複雑であり、その規制への対応が、進出していく上で不可欠となります。
特に2020年から、AMDD に関連し、いくつかの国で大きく動きがありました。

本講座では、東南アジア+台湾における医療機器業界の動向、法規制、提出書類の要件をご紹介いたします。

■主催
一般社団法人 日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)

詳細・お申込みは下記です(外部サイト)
https://www.honeycomb-tr.com/Seminar/1714/

6月14日 ASEANの医療機器法規制について【LIVE配信】

<概要>
本セミナーでは、2015年に制定されたASEAN医療機器指令(AMDD)が、今まで対応が遅れていた国でも、ついに2020年に、指令の批准と法律の施行等が始まったことをうけて、ASEAN各国の医療機器業界の概要、ASEAN医療機器指令ASEAN Common Submission Dossier Template(CSDT)の紹介、さらに、主要国ごとに異なる法規制及びエージェントの役割についてお伝えいたします。また、各国の薬事規制とFDA,CEとの関連性についてもご案内いたします。

<日時>
2021年06月14日(月) 13:30~15:30

<場所> WEBセミナー <講師> (株)エコロジーヘルスラボ 代表取締役 山本一羊 詳細・お申込みは主催者WEBでご確認ください。(下記) https://www.rdsc.co.jp/seminar/210630

Subscribe to our newsletter

メルマガは下記から登録してください。
お得なイベント情報など、不定期にメルマガでお知らせいたします。
※メルマガ会員登録or解除の確認メールは、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性がありますのでご注意ください。