弊社の海外進出支援サービスの特徴

弊社は、長年、東南アジア、南米、ヨーロッパ、アフリカ諸国からさまざまな食品原料や化粧品原料を輸入してきました。

さまざまな国に仕事で出向き、その国の市場状況を把握するために、ドラッグストア、薬局、クリニック等に必ず出向きますが、そのたびに、日本の商品やサービスのレベルの高さを実感します。
土産に持参すると、こんな素晴らしいモノが日本にはあるのか、なぜ、この国に輸出しないのかといわれることもよくあります。

勿論、ビジネスとなるとそんなに簡単ではありませんが、Made In Japanの御社自慢の商品をお持ちなら、一度、アジアの消費者に紹介し、反応を見ることをお勧めします。

ショッピングセンター中央

しっかりと商品の特徴を説明できれば、また、一度体験いただければ、良い反応が返ってくることが多いのではないでしょうか。
ただし、それを実際に市場に流通させるには、法規制への対応や流通含め、厄介な対応をしないといけないのも事実です。

当然ながら、ラベル、パッケージの変更など対応も必要となります。
最初の市場導入には、相当な労力が必要です。

しかし、一度商品が流れると、その国の経済発展とともに、また、収入の向上とともに売り上げも伸長していく可能性があります。
その可能性に投資するかどうかは、それぞれの会社の判断になりますが、この機会を逃した場合の将来的事業リスクも当然ながら、検討の余地があるでしょう。

経済発展により、富裕層も増加しており、さらに、平均年齢も低く、今後さらに旺盛な消費が見込まれます。
弊社は各国において現地パートナーがおり、そのパイプを利用した具体的な進出サポートを行います。

調剤薬局
ショッピングモール